暑い!日差しがきつい!

REASON
01
室内熱中症を予防するため
特に夏場に注意が必要な熱中症ですが、大まかな原因としては暑い環境に長い時間いることによって体温の調整ができず体に熱が溜まってしまったり、急激に汗をかいたりすることで体の中の水分と塩分が失われることなどがあります。
そして、熱中症は夏の屋外や運動中になってしまうイメージがあるかもしれませんが、実は約4割が室内で発生しています。
室内での熱中症を防ぎ、健康と快適な住環境を守るために、夏の暑さや日差しにきちんと対策することが必要です。
REASON
02
光熱費の節約
暑さ、日差しへの対策をきちんと行うことで、室内温度の上昇を抑えエアコンなど夏の生活にかかせない冷房にかかる光熱費の節約につながります。
CASE
01
日差しからの
放射熱
日差しによる熱とは、太陽から放たれている電磁波によるもので、たとえ室内でも日の当たる場所には直接熱(日射熱)を伝えてきます【放射】。
この放射によって熱くなった床などから室内の空気に熱が伝わり【伝導】、温まり軽くなった空気が上に行き、入れ替わりに下に行った冷たい空気が温められて上に行くという流れ【対流】が生まれます。
この放射、伝導、対流によって夏の室温はどんどん高くなっていきます。
CASE
02
窓やドアなど開口部からの
熱の流入
夏の冷房時、外からの熱の流入はその73%が壁に比べ断熱性能に劣ってしまう窓やドアなどの開口部からとされています。
特に1枚ガラスの窓の場合は断熱性能が低く、熱された外気の影響を大きく受けてしまいます。
そのため、暑さの対策には窓周りが最も重要といえます。